お看取り(150306)

こんにちは。

サ高住アイユウ城下町長府 に住まわれていた、とあるお方

体調に波がありながらも頑張っておられましたが、

先般大きく体調を崩し松永医院に入院したのち、

結果的にお看取りというかたちになりました。

イヤごとなど全く言わず、

「感謝」や「ありがたい」という言葉をよく言われる方で、

朝日を拝みながら毎日に感謝されていました。

生きていると不安なこと、不愉快なこと、腹が立ったりとありますが、

改めて「生かされていることに感謝する」という姿勢を学びました。

忙しい時もありますが、
笑顔で頑張らなきゃなと思いました。

なんだか、時々その方の顔が浮かんできそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です