平成28年度 豊浦小学校育友会(PTA)のスローガン

平成28年4月21日(木) 豊浦小学校育友会(PTA)の役員決めがありました。

育友会の会長をさせて頂き、始まってま間もないですが、
すでに縁が広がり楽しかったり、挨拶の場を頂いたりと、
良い経験をさせて頂いています。

本日、各クラスにおける役員決めがありました。
会長・副会長・部長・副部長・監事までの常任委員会まではすでに決まっているので、
あとは各クラス保護者さんの各部の担当決めでした。

なんせ全校生徒913人、なかなかの作業です^^

まず、15:00に授業参観が終わった後、保護者は各教室に残り役員決めの作業を行うのですが、各教室のテレビ中継にて、校長先生と育友会会長の挨拶から始まります。

放送室↓
私も豊浦小卒業ですが、初めて中に入りました。
平成28年度 豊浦小学校育友会(PTA)のスローガン

挨拶の中で、今年度の育友会のスローガンを発表しました。

子供たちの様々なつながりを心豊かに、同じ学校に通う仲間として、同じ地域に暮らす仲間として、周囲のみんなに思いやりの心をもって育って欲しいと願い

なかま~おもいやり~

としました。
私自身が子供の頃にもっと友達思いで過ごすべきだったと反省しつつ、
会社や各団体等で組織活動を行ううえで、他者への思いやりをしっかりと考えられるかどうかって重要な人間力の一つであると痛感しています。

・困っている人を助けてほしい(いじめなど無いように)
・気持ちよい対人関係を築ける大人になって欲しい
・みんなのことを想える人が地域に増えることで、社会が明るくなる

そのような想いです。

少子高齢化や人口減少、家庭環境の多様化などの社会的な変遷、そしてインターネットやスマホを始めとしたIT技術の発展の発展などにより生活環境が変わってきています。
このような時代だからこそ、人と人との確かなつながりが、心と心のつながりがより大切になってくると考えます。
最近読んだほんの中で、アドラー心理学では、
「人の悩みはすべて他者の存在による」
というようなことが書いてありました。

「人の喜びもまた、他者がいるからこそ」と思える今日この頃です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です